スタッフブログ

8月25日から28日で静岡県浜松市にて


「日中子ども写真展」が開催されました。


日中友好団体の4団体が協力して作り上げたこのイベントでは、


写真家・岡本央さんの写真展示を中心に、


音楽や踊りのパフォーマンスや、シンポジウムも行われました。


様々な分野の展示やパフォーマンスの組み合わせがすばらしく、


多くの人に足を運んでいただき、


大成功のイベントとなりました。


シンポジウムには李徳全研究会からも、


五十嵐義隆 会長と羅悠真 特別顧問が登壇しました。


日中の子どもの写真の展示を受けながら、


メディアに流れるニュースだけではなく、


文化全体を見渡してバランス感覚を持っていきたいとの思いを語ることができました。


また、講演とパネルディスカッションでは、


両国の未来のために進めている、日中共同市場の事業についてもお話することができました。


李徳全さんの訪日の歴史を顧みながら、


日本と中国の現状を経済的に解決するための


唯一無二の共同市場の形成に向かって、


草の根の中小企業が技術・市場で連携することの意義と現実性を感じていただけたと思います。


実際に会場で話を聞いてくださり強く関心を持ってくださった方もいたようです。


今後もますます理解の輪が広がるよう、活動を続けます。


日本も中国も、草の根の人々の努力のおかげで、ここまで経済的にも


お互いに発展することができています。


これからも、両国の中小企業が協力し、共同で市場を実現することで、


本当の意味で、子どもたちに残せる日中の関係がますますつくりあげられると確信しています。


日中共同市場促進会へのご登録は引き続き募集しております。


まずは簡易登録から可能ですので、ぜひご参加ください。


パンフレットもご用意しております。


最後になりましたが、今回のイベントに関わってくださった方々に感謝申し上げます。


今後も日中の平和友好のために尽力していく所存です。





最新記事

すべて表示