3月11日と5月12日

今月の5月12日は四川大地震から10周年でした。


今年の311では東北は7周年をを迎えて


次のステップに更に復興が進んで行かなければならない中で


日本と中国


四川と福島が連携して


自然災害にまた原発事故等に更に対応して行けるような


そんなモデルケース、モデル事業、モデル地区をつくっていけたらと話しています。


下の写真は震災直後の福島県いわき市の津波被災地の画像です。


日中平和友好を基礎として


戦争をしない社会を選んでも


自然災害はいつ起こるか分かりません。


協力していれば乗り越えて行ける困難もあるのだと思います。


四川の痛みと東日本大震災の痛みを忘れずに


そこから更に成長して行けたらと思いました。


下はウィキペディアの四川大地震のページです。




https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%B7%9D%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E9%9C%87









最新記事

すべて表示

© 2017李徳全研究会

  • wechaticon
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン