ABOUT

2014年4月23日李徳全女史の命日に

羅という一人の中国人男性と

堀辺という一人の日本人男性の友情をきっかけに

李徳全研究会立ち上げへの歩みがスタートしました。

羅氏とは、1954年に無償でB級・C級戦犯含む32,000人の日本人引揚者帰国を実現した訪日団代表「李徳全」の第一孫の羅悠真氏。

李徳全女史は当時中華人民共和国初の女性衛生大臣(厚生大臣)であり、紅十字会(赤十字)代表でもあった。

(夫は習近平国家主席のお父様とお爺様が属していた当時世界最大の私設軍隊を持つ馮玉祥将軍)

日本と中国の関係が緊張状態のとき

二人の親友はどうしたら日本と中国が平和を目指して

良くなっていくのか63年前の新聞記事を手にしながら考え、日本全国にいる日本と中国を愛する人たちへ呼びかけて行ったのでした。

そして、その2014年11月10日に実現したのがAPEC時の

安倍首相と習近平国家主席との首脳会談。

首脳会談実現までには

2014年10月16日、読売新聞の全国紙で石川好さん(前期新日中友好21世紀委員会)によってこの歴史的なできごとがフォーカスされ

2014年11月5日の衆議院議員の外務委員会で

岸田外務大臣と伊藤忠彦議員により

戦後初めて中華人民共和国になった中国に対し

日本政府の正式な謝辞を表明する機会となりました。

この首脳会談のあと、周恩来氏もかつて言われたように「民を以て、官を促す」という草の根の活動、交流の地道な活動が評価を受け、日中関係は雪解けを始めたのです。これに続き、日中間で新たに草の根、中小零細企業を中心とした日中共同市場の異業種交流の働きがはじまり、また、2017年9月29日の日中国交正常化45周年の年、日本語と中国語版同時に李徳全女史の自伝の出版が行われ、そして、李徳全女史の本から文化、歴史、事業を学んで行く「李徳全研究会」が発足する運びとなりました。

※こちらから

李徳全研究会の2104年11月10日の首脳会談実現の

きっかけとなった岸田外務大臣と伊藤忠彦議員との

「李徳全女史」の帰国者引き上げについての公式のやりとりの様子がご覧いただけます。

北京博物館にて祖父馮玉祥将軍

と孫羅悠真氏

2015年5月第四訪中団チームと

人間国宝王効賢先生を囲んで

2017年5月第五回訪中時

李徳全女史娘馮理達記念館にて

2017年5月第五回訪中にて

堀辺義一会長と羅悠真氏

アジアインフラ開発銀行本店前にて

馮玉祥将軍と李徳全女史家族

李徳全研究会(運営本部)

 

<運営プロジェクト>

日中一帯一路草の根運命共同体共同市場推進委員会

日中一帯一路ハイテク推進協会

​一般社団法人 日中同・草・路センター

日中ファミリー大阪産業センター

北東アジア平和推進委員会

​馮玉祥研究会

日中皇室草の根連携協議会

​日中福島放射線対策協議会

 

会長 (代表理事)   堀辺義一 (奈良県代表)

名誉会長・顧問(代表理事) 羅悠真(中国・日本代表)

副会長(代表理事) 五十嵐義隆 

(福島県代表、一社 日中共同市場福島協議会 代表理事)

理事 奥保多聞 (大阪代表)

理事 武内勇   (一社 李徳全女史研究会 理事・大阪府代表)

理事 中井宏行 (一社 李徳全女史研究会 理事・兵庫県代表)

理事 山本恵一 (一社 日中共同市場開発機構 理事)

理事 安間孝明 (静岡県代表)

理事 稲垣和昌 (福島プロジェクトチーム 理事)

理事 芦野直人

(福島プロジェクトチーム理事、飛行機パイロット)

理事 水橋健太郎 (石川県代表) 

理事 五十嵐元栄 (新潟県代表)

理事 光永勇   (沖縄県代表)

理事 澤健    (福井県代表)

理事 宮尾俊輔  (岡山代表)

名誉理事 故・酒井優造 

<日中総合プラットフォーム準備室及び専門評議委員代表・コアメンバー>

総合金融チーム : 堀辺義一

総合商社チーム : 安間孝明

総合産業チーム : 五十嵐義隆

知財チーム : 中井宏行(弁理士)

技術チーム : 武内勇(大学講師)、野邑泰弘(大学教授)

        元島栖二(大学教授)、松田健(大学教授)

ロボット・AIチーム : 福地三則

ITチーム :  五十嵐義隆、福地三則、江 宝、楠本正美

建築チーム : 稲垣和昌、何厚増、菊地洋行

財務チーム : アドバイザー 佐々木健一(税理士事務所責任者)

医療チーム : 瀧順一郎、佐藤ゆき、江角裕太

農業チーム : 水橋健太郎、

環境チーム : 山本恵一、藤田佐内

航空チーム : 芦野直人、中山智夫

   

馮理達記念室にて李徳全女史夫故馮玉祥将軍への

毛沢東、周恩来、朱徳等氏からお悔やみの挨拶

アメリカ「TIME」誌の表紙を飾る馮将軍

李徳全女史の遺骨のある八宝山の革命公墓骨灰堂にて

日本政府から正式な献花がなされました。

前列左から石川好氏、伊藤忠彦環境副大臣、羅悠真氏、遠藤公使、五十嵐義隆

後列中央 堀辺義一

革命公墓骨灰堂の中。日本政府から捧げられた献花。

2014年11月人民日報海外版日本月刊 

石川好氏 李徳全女史記事

2014年読売新聞全国版 石川好氏 李徳全女史記事

2014年10月16日開催「李徳全先生を偲ぶ記念会」

2017年9月29日発行 中国語版 「李徳全」

唯一の日中国交正常化45周年記念日本語中国語同時出版本

2017年9月号文藝春秋

李徳全女史の記事

2017年10月30日発行 「李徳全」出版記念切手

「李徳全」出版記念切手  中国版

2014年10月21〜23日 第一訪中団 天津日報記事

2014年10月21〜23日  第一訪中団 中日友好協会 記事

2014年10月16日「李徳全先生を偲ぶ記念会」日本新華僑報網 

© 2017李徳全研究会

  • wechaticon
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン